最近の記事
カテゴリー
これまでの記事

壺屋の村"拝み" ー年の初拝みー

今日は壺屋の"年の初拝み"でした。


年に6回の拝みのうちの、旧暦の1月の良い日取りにおこないます。
現在拝みをする中心メンバーは、【壺屋やちむん通り会】で、
その中でも昔からこの壺屋にいる土地の人が中心です。
もちろん通りで商売をする人、土地に住む人も参加できます*
(事前に声をかけていれば)

まず最初に拝むのが
"東ヌカー(アガリヌカー)"です。
ここからスタートして全部で9ヶ所の拝所(ウガンジュ)を回ります。

IMG_2599.jpg

続いて組合横にある
"ミーガヌカー"

IMG_2603.jpg

"ウフガー"

IMG_2607.jpg


南ヌ窯(フエヌカマ)の向かい側の
"下ヌカー(シムヌカー)"

IMG_2608.jpg

博物館横の
"番所カー(バンジュカー)"

IMG_2612.jpg

博物館の上の
"北の宮(ニシヌメー)"

IMG_2617.jpg

"南ヌ窯(フエヌカマ)"

IMG_2622.jpg

そして最後に
"ビンジュルグワァー"2箇所です。

IMG_2625.jpg

IMG_2626.jpg


ちなみに"カー"というのは井戸のことです。
大切な水場の井戸は、拝みの場所でもありました。

この壺屋に残る瓦屋根、

IMG_2621.jpg


古い大きな木々

IMG_2619.jpg


そしてここに息づく人々

IMG_2634.jpg

そんな昔は当たり前だった風景が、
少しずつ失われています。


私たちがこの拝みに参加すること。
私たちがこの壺屋で壺屋焼をつくること。


そんな一つ一つが、"沖縄の景色"となっていきます。
この大好きな景色を残していくためにも、
私たちは今日も、土地の神様、火の神様、先祖に感謝し、
この地で生きていきます。

IMG_2636.jpg

そしてうさげた(神様にお供えしたもの)果物とお饅頭、美味しく頂きます^^

(2015年3月13日)



【育陶園日誌】トップページに戻る