最近の記事
カテゴリー
これまでの記事

【イベント出展のおしらせ:シーサー展】

 
台風が沖縄本島の横を通りすぎていき、心地の良い風の吹く日が続いています。

少し前のジリジリ照りつける太陽にくらべると、

ぼんやりした日差しになり、

屋根の上や門柱で一家を守るシーサーたちも、

少しホットしているのではないでしょうか。

アパートやマンションのクーラーのきいた玄関や居間で

涼やかに守っているシーサーも増えていますが、、、

「沖縄では一家に一匹!」といわれるほどのシーサーが沖縄にはいます。


そんなシーサーたちが各窯元より集まり、展示会が開催されます。


20160917130016_00001.jpg

会期:2016年9月23日(金)~10月2日(日)
  
9:00~18:00 
   
会場:那覇市伝統工芸館 企画展示室(てんぶす那覇2階)

沖縄県那覇市牧志3丁目2番10号

TEL:098-868-7866

主催:那覇市伝統工芸事業協同組合連合会


****************************************************************************************************

シーサーは、制作する職人さんに似ているとよくいわれます。

同じ形のシーサーを制作しても、職人さんによって

顔の表情の付け方や、筋肉の盛り方もさまざまです。


DSC03442.JPGDSC03482.JPG


座っているもの、立っているもの、横向き、縦向き、、、ポーズもさまざまですし、

笑ってるもの、ぐぐっとにらんでいるもの、表情もさまざまです。

髭、耳、しっぽなど細かいところの付き方も見比べていただけたら面白いかと思います。


DSC03441.JPGDSC03007.JPG


育陶園のシーサーには、ミニシーサーを除いて、額に「王」のマークがはいっています。

眉間にしわをよせてググッとにらみをきかせて、悪いものを入れない、、

そして百獣の王という意味もあります。


DSC03486.JPG
DSC03496.JPG


はるばる異国からたどり着き、

沖縄特有の「シーサー」というカタチになりました。

職人さんの想いの込められたシーサーたち、

いろんな顔ぶれをご覧いただけると思います。


各窯元シーサーの販売もございますので、

お気に入りのシーサーがみつかるかもしれませんよ^^

※ブログ上の画像のシーサーたちは展示販売されません。

お待ちしております。

****************************************************


【シーサー展 公式サイト】

ここをクリック


(高江洲朋美)

(2016年9月22日)



【育陶園日誌】トップページに戻る