最近の記事
カテゴリー
これまでの記事

【イベントのお知らせ:壺屋やちむん通り祭り】

年に一度のこの壺屋やちむん通り祭りは、

今回で12年目を迎えます。

壺屋やちむん通り会の会員の中から、班長さんと、有志のメンバーーで

実行委員を作り、半年間かけてあたためてきました。

わたしたち育陶園も、そのメンバーの一員として、通り会の皆さんと一緒にお祭りの企画運営に携わっています。

本当に地域のお祭りで、規模も小さく、手作り感満載なのですが

それが私たちらしくて、良いお祭りだと思っています。

もちろん、お買い得な商品がたくさん!というのも魅力ですが、

なにより、今日だからこそ味わえる、壺屋だからこそ味わえる色々な企画が魅力です。

************************************************

事業名称:協働のまちづくりin壺屋「第12回 壺屋やちむん通り祭り2016」

【実施期間】平成28年11月5日(土)・11月6日(日)・・・2日間

【実施時間】10:00~18:00(※交通規制12:00~17:00)

【実施場所】壺屋やちむん通り・すーじ小通り

【内容】

 【11/5日(土)のみ】

 ①「壺屋の器で食べるマーサムン限定100食」 場所:茶屋すーじ小 /12:00~14:00

 【2日間通してのイベント】

 ①各店舗割引セール/10:00~18:00/加盟店各店舗

DSC01883.jpg

 ②道ジュネー&演舞/13:00~16:30   ※初日は13:00からオープニングセレモニー

IMG_0433.JPG
 

DSC01874.jpg

 ③ロクロ無料体験/10:00~16:30(最終受付」)/育陶園道場

DSC01919.jpg

 ④和装の方&2店舗でお買い物した方に、やちむんor手ぬぐいor壺屋冊子プレゼント/  受け渡し:まじる商店井戸の隣
 
DSC01876.jpg

 ⑤ポニー乗馬体験 ¥500

DSC01927.jpg
 
 ⑥出展コーナー設置(飲食手作り雑貨など)
 

 ⑦壺屋まちまーい/11:00~ 14:00~
 

 ⑧物館無料企画展/10:00~18:00/朝鮮人陶工来琉400年記念特別展「一六一六年~琉球陶始四〇〇年~」
    
      無料会館も実施 11/5(土)6(日)のみ
 
     お問い合わせ先 : 那覇市立壺屋焼物博物館/098-862-3761

*******************************************************
 
 ※祭りの2日間、道ジュネーなどの演舞を通り内で行うため、

 12:00~17:00の間通り全体に交通規制がかかっているため 車での通行ができません。

 ご来場のお客様は、最寄りの交通機関をご利用いただくか 周辺のパーキングの利用をお願いいたします。


■壺屋やちむん通りまでの広域MAP(パーキング情報も載っています)

表示

■当日の会場MAP

表示

*******************************************************

本当に手作りのお祭りで、至らない点もたくさんありますが、

壺屋を愛してくださる皆様、そして地域の皆様への日頃の感謝の気持ちを込めて。

また、新しく壺屋のファンになってくださる方が増えるように、

魅力的なお祭りにしていこうと、精一杯お祭りを作ってきましたので、

しっかり楽しんで、じっくり味わっていただけたら、本当に嬉しく思います。


毎回思うことは、お祭りを企画運営することの難しさ、大変さ。

40数店舗の通り会をまとめるのも大変ですし、なかなかうまく連携・一体感が取れないところが

歯がゆく思うこともあります。

でもそんなその歯がゆさ、大変さがあっても、毎年やり続けようと思える原動力があります。

それは実行委員の皆と一緒につくる楽しさです。

実行委員の構成メンバーは、有志のメンバーと

2年毎に変わる連番の班長さんを中心に10名前後で形成されています。

ちなみに参加メンバーの年齢層も、30代~70代と幅広いのも特徴です。

はじめはあまり喋ったことのないメンバーも、"お祭り企画運営"という

一つの目的のために集まり、はなし、考え、時には全く関係ない話に脱線したり。

そこで一緒に関わっていくうちに、みんなすっかり打ち解けて、

できる人ができることをする。偏っていても、みんな一生懸命に参加してくれる姿に、

いつも元気をもらいます。

DSC03700.jpg

DSC03702.jpg


つくづく、ここ(壺屋)に集まる人は、本当に壺屋のことが好きなんだな~と、感じることができ

そのことを感じることが、実は一番の喜びであったり、原動力であったりするのかもしれません。

地域づくりは一人でも、1社でもできません。

そこで暮らす人。そこで生きる(働く)人。

いろんな人がいて、"ここが好き"という想いを軸にやっていかないと成り立ちません。

好きだから、大切にしたい、守っていきたい。と自然に思うのだと思います。

この通り会の活動は、そんな事をつねづね感じさせてくれる、貴重な場です。

"ここが好き"という想いを、少しでも多くの地域の人と共感しながら

生きていくことができることは、幸せなことだなと、しみじみ感じる今日この頃です。

本番まであと二日。お天気に恵まれますように。。

2016年お祭りのポスター
 
今年もアイディアにんべんさんに、手がけてもらいました。今年もまた素敵なカラーです**

ポスター2016.jpg


(高江洲若菜)

(2016年11月 3日)



【育陶園日誌】トップページに戻る