最近の記事
カテゴリー
これまでの記事

育陶園食堂・賄い飯201810

10月の沖縄、さすがに真夏のような日差しが落ち着き
朝晩は大分涼しくなってきました。
沖縄はこの時期、あちこちでお祭りが開催されており、
先週の日曜日は、「那覇祭り」でギネス級の大綱を
東西に分かれた「大綱挽き」が行われ、大盛り上がりでした*

またこの時期は、ピークの沖縄観光時期をずらした、
会社の社員旅行などの方も多く来店されている様で、
夏が終わった沖縄ですが、壺屋やちむん通りの方は、
やちむん好きの方が多く来店されている様です。
たしかにこの季節は、沖縄旅行にピッタリかもしれません。

さて昨日は週一の賄いの日でした。
賄いの日の水曜日は、仕事の折り返し地点でもあるので、
もう一息頑張るぞ!とパワーチャージの日になります。

時間ギリギリの中、最後の仕上げに入る母。
S__14229509.jpg

手際よく、約30枚のお皿に盛り付けます。
S__14229510.jpg

どんな時も、彩を忘れない母。
今日はアクセントにカイワレをのせていました。
S__14229512.jpg

今週の賄いメニューは、
・つくねハンバーグ(鶏肉とおふ)
・ひじき
・チーズ入りポテトサラダ

S__14229511.jpg

手ごねハンバーグは、ボリュームたっぷりで、女将さんの愛情が見た目通り溢れて、本当にお腹いっぱいでした。

10月は決算月、この1年の総括、事業の棚卸月でもあります。
売上は前年度超えそうですが、利益はマイナスの見込み。。
その原因もわかり、来期は改善できるので、気持ちはもう来期の良いイメージに向かっています。
今期もいろいろあったけれど、成長できたと言い切れる、がんばった1年になったと思います。
まだまだ10月は終わりでないので、あともうひと踏ん張り、気を緩めずそのまま突っ走っていきたいです!

(若菜)

(2018年10月10日)



【育陶園日誌】トップページに戻る