お便り

letter

2024.5.24 やちむん教室情報

小学校での陶芸教室

地域の小学校の子供たちへ、シーサー作り教室でした。
6705D074-C31A-4111-8833-440B8B705068.jpg1EACFDB7-7B69-4994-95D6-39AB6DADAC22.jpg30A55391-3137-4894-A61E-05B9F35B873D.jpg
土を団子に丸くすることからスタート。
顔となる土台をつくり、鼻、目、耳のパーツを作り、くっつけます。髭も口も、全て丸い団子から、つぶしたり、しずく形にしたり紐にしたり形を変えていきます。

シーサー作りのポイントはいくつかありますが、
パーツは水をしっかり濡らしてつける。
土は乾きやすくヒビが少しでも入ると気になるけど、焼く前だったら修正ができます。
目の開け方も重要で、大きさで印象が大きくかわります。
最後は自分のサインは丁寧に。

みなさん集中して土と向かい合っていました。

あとは先生たちが管理して、小学校の窯で焼くそうで、みんな完成を楽しみ
にしているようです。

小学校に窯があるのは、やちむんの街ならではですね。
本格的な釉薬も揃っていました!
秋の壺屋小学校で行われる、壺屋焼の陶器祭りには窯元さんとならび、子供たちが作るやちむんが販売されます。その商品製作にむけて、みんなイメージが膨らんだかな。

今回は我が家の子供が在校生ということもあり、イレギュラーな部分が多々ありましたが、
育陶園のやちむん道場では出張団体陶芸教室、受け付けております。

手びねりのプレートから、シーサーつくりまで、年齢問わず楽しんでいただけるプログラムとなっております。
詳しくは、お電話またはHPよりお問い合わせください。


⇓⇓
【育陶園やちむん道場】
https://www.ikutouen.com/yachimun-dojo/appointments-trial.html
ご予約・お問合せ 電話098-863-8611

またやちむん道場では、毎日陶芸教室を受け付けてます。県外の方は、後日作品を発送できます。

ロクロで器作りや、絵付け体験も楽しいですよ。

沖縄らしい赤瓦の建物で土と向かうのは、癒されます。
最後の写真は、やちむん道場と優しいスタッフさんたち。

陶芸教室は、同じ土や道具を使って製作しても、それぞれのオリジナリティが溢れます。

ぜひ、体験してみてくださいね。

PAGE TOP