最近の記事
カテゴリー
これまでの記事

*うつわとごはん Vol.8~かぶとベーコンのほっこりスープ*

こんにちは、田中です。

唐突になんですが、ここ沖縄の
流通事情って、本当によくなったんだなあと
近頃改めて実感しています。
スーパーや市場に並ぶ食材たちを見ていると、
わたしが子供の頃には見かけなかったものたちを
たくさん目にするようになった気がします。

中でも個人的に目につくものは、本日のメイン食材、かぶ。
初めて手に取ったのは、実家を出て自分で料理するように
なってからだったと思います。
それまでももちろん、日本料理のお店などでは
仕入れていたと思うんですが、スーパーで見かけるようになったのは
ここ最近のことではないでしょうか。
まだまだ県民が食べ慣れないのか、そもそもの流通量が少ないのかはわかりませんが
今でもスーパーには、目立って数多く並んでいるわけではなく
棚にひっそりと並んでいることがほとんどです。

そんなかぶなんですが、わたしはすっかり大好物。
サラダにしても、浅漬けにしても、グリルでも煮物でも。
やわらかくみずみずしい食感がたまりません。本当に大好きです。
実は沖縄で買うとちょっぴりお高く、なかなかカゴには入れられませんが
寒くなり始めのこの時期に、甘みの強くなるかぶ。見かけると手に取らずにはいられません。
本日はそんなかぶを主役に仕立てた、ほっこり温まるスープをご紹介。
お出汁は沖縄流に、ベーコンから出る豚のお出汁と
かつお出汁を合わせて、うまみたっぷりに仕上げます。
シンプルな味付けなので、食べながらお好みで
カレー粉や粉チーズで味変していただくのもおすすめです。
しつこくないので朝食にもぴったり。朝から温まり、元気いっぱい過ごせます。
前の晩から仕込んでおくと、朝起きるのが楽しみになりますね!
ゆるっとざっくり、かんたんレシピはこちらから。

62F3B10E-7926-441F-B9F3-CFA089235434.jpeg

*ゆるレシピ・たっぷり二、三人分*
材料:かぶ(小かぶ)ひと玉、ベーコンスライス3枚、たまねぎ1/4個、
水200ml、かつお出汁400ml、オリーブオイル、塩、ブラックペッパー、
カレー粉、粉チーズ(お好みで・適量)
下処理:かぶは茎を根元から切り落とし、根と茎に分ける。
根の部分は皮付きのまま、くし切り8等分。根元の部分は竹串等を使いながら丁寧に掃除する。
水を張ったボウルに根元をつけ、振るようにして洗うと汚れが取れやすい。
茎の部分は3cm程度のざく切りに。ベーコンも2〜3cm幅にカット。
たまねぎは粗みじんにしておく。

1.小鍋にオリーブオイルを引き中火にかけ、かぶを焼く。
あまり動かさず、じっくり両面に焼き色がつくまで。油はねに注意。

2.かぶに焼き色が付いたら一旦取り出す。たまねぎ、ベーコンを
そのまま鍋に投入し、たまねぎに香りが立ち、しんなりするまで
弱火でじっくり炒めていく。

3.たまねぎがうっすら茶色く色づいてきたら水を加える。
沸騰したらあくを取り、弱火で5分ほど煮込む。

4.1.で焼き付けたかぶを鍋に戻し、かつお出汁を加えてさらに煮込む。
かぶの身が軽く透き通るぐらいまで。

5.火を止めかぶの茎部分を加え、余熱で火を通す。
味を見て、塩・ブラックペッパーで味を調える。
食べる直前にもう一度火に掛け、あつあつの状態で召し上がれ!

3BB8D28F-7771-4F72-AA42-0B64277D18DC.jpeg

836ADF11-9333-40C4-82D6-C1CB1B8097E4.jpeg

ポイント*かぶを焼き付ける際は、キッチンタオル等で水気を軽く拭いてから。
かぶは水分が多いので結構跳ねます。お出汁は昆布出汁でもおすすめです。

【本日のうつわ*マグカップ ボーダー・プレートL ヤングリーフ】
*オンラインショップはこちらから
http://shop.ikutouen.com/?pid=128943547
http://shop.ikutouen.com/?pid=128825379

11月ももうおしまい。今年も本当に、あっという間の一年でした。
ラストスパートの12月。朝からしっかり栄養チャージして、
めいいっぱい駆け抜けたいものです!
それではまたみなさん、次回の更新まで。
ごちそうさまでした。

(田中)

(2018年11月30日)



【育陶園日誌】トップページに戻る