最近の記事
カテゴリー
これまでの記事

*うつわとごはん Vol.4~きのこと温玉の秋サラダ*

*この度の台風21号、北海道胆振東部地震におかれまして、
被害に遭われたすべての地域のみなさまへ、お見舞いを申し上げます。

こんにちは、田中です。暦の上ではもうすぐ秋本番ですが、ここ沖縄では
夕方の風が少し涼しくなったかしら?というぐらいで、
まだまだ暑い日が続いております。

とは言え、季節を意識した生活を送りたいタイプのわたくし。
9月に入った瞬間、お洋服の色味を暗めのトーンに変えたり、
お花も季節のものを生けたりと、色々工夫して(むりやり?笑)
秋モードへのシフトを心がけています。
そんな中、いちばん季節の移り変わりを感じやすいのは
食卓でのシーンではないでしょうか。
秋ならではの美味しい味覚を、すずしくなってきた夜の時間に
ゆっくり味わいたいものです。
晩酌がいっそう美味しく感じられるのも、この季節なのでは?!

残念ながらここ沖縄では、秋ならではの地のもの、という食材が
あまりないのですが、本日は通年手に入るきのこたちを使って、
お手軽に秋を感じることができる一皿をご紹介します!
見た目も華やかなごちそうサラダ。パンとワインを添えたら
おうちでバル気分!秋の夜長を存分にお楽しみください。
ゆるっとざっくり、かんたんレシピはこちらから。

7795493248_IMG_0452.JPG

*ゆるレシピ・だいたい二人分*
材料:エリンギ1本、しめじ一房、生椎茸4枚、
お好みの葉野菜・両手にひとつかみ分ぐらい
(本日はベビーリーフ・ルッコラ・ブロッコリースプラウトを使用)、
にんにく一かけ、卵1個、塩、ブラックペッパー、
オリーブオイル、白ワインビネガー、ピンクペッパー、
パルメザンチーズ
下処理:葉野菜は洗って食べやすい大きさにちぎる。
ルッコラを使う場合は4cmほどにカット。ざるに空けて
ペーパータオルやふきんで水気を取り、冷蔵庫で冷やしておく。

1.鍋に湯を沸かし、沸騰したら冷蔵庫から出したばかりの
卵を入れ(お玉を使うと簡単です)、蓋をして火を止める。
このまま15分放置で温泉卵ができます!その間に次の工程へ。

2.きのこ類をカット。エリンギは3cmほどの拍子切り、椎茸は
石突きを落とし軸と傘に分け、傘は厚めのスライス、軸は粗みじん。
しめじは石突きを落として子房に分ける。

3.つぶして芯を取ったにんにく、オリーブオイルをフライパンに入れ
火に掛ける。香りが立ってきたら、2でカットしたきのこを投入し、
しんなりして香ばしくなるまで炒める。
*目安はエリンギに少し焼き色が付くぐらい。
塩・ブラックペッパーで調味し、白ワインビネガーをひと回しして炒め混ぜ、火を止める。

4.冷蔵庫から葉野菜を取り出し器に盛り、炒めたきのこ類を平たく重ねる。
温泉卵を中央に盛り付け、パルメザンチーズ・ピンクペッパーを散らし、
オリーブオイルを回しかけてできあがり。卵をとろっと崩して召し上がれ!

ポイント*葉野菜はサラダ菜やほうれん草(サラダ用)もおすすめです。
きのこ類もお好みのもので結構です。舞茸なんかもいいかもしれません。
温泉卵の引き上げ時間にご注意!Mサイズ目安の時間表記です。
S、Lを使う場合はそれぞれ1~2分増減してください。

7854139872_IMG_0460.JPG

【本日のうつわ*パスタ皿 カンナイ・ブルー】
*オンラインショップはこちらから
http://shop.ikutouen.com/?pid=129224291

【本日のおすすめ*お塩いろいろ!】
本日のレシピに限らず、我が家でサラダをいただく際には
市販のドレッシングは使わず、お塩とその他調味料を使って
その都度味付けを行うことが殆どです。
そのため味の決め手となるお塩は、単体でもうまみのある
しっかりとしたお味のものを選んで常備しています。
中でも使用頻度が高いのがこちらの3種です。
右は言わずと知れたぬちまーす。ミネラルとカリウムがたっぷりで、
お味はもちろんカラダにも良い、毎日のお料理に欠かせないお塩です!
お吸い物や煮物、浅漬け等繊細なお味のお料理におすすめ。
中央はヒマラヤのピンクソルト。お肉のロースト等によく使用します。
ダークチョコレートに載せて、ワインのお供にしても美味しいです。
手前の小瓶はイタリアで購入した白トリュフ塩。今回のサラダには
こちらを使用しています!ふんわりトリュフの良い香りで、
お料理が一気にグレードアップ。オムレツにもおすすめです。
カルディ等の輸入食品店にも置いてますので、見かけたら是非
手に取ってみてください。

7793402096_IMG_0446.JPG

それではまたみなさん、次回の更新まで。
ごちそうさまでした。

(田中)

(2018年9月 7日)



【育陶園日誌】トップページに戻る