最近の記事
カテゴリー
これまでの記事

*うつわとごはん Vol.9~ブルーチーズソースで食べる、ごちそうまぐろカツ*

こんにちは、田中です。
ようやく気温が下がり、沖縄にも冬到来です!
街のイルミネーションも本番を迎え、
気づけばクリスマスまで、あと10日ほど。

色々なご意見もあると思いますが、
家族やパートナーとあたたかく過ごすことができる
素敵な機会だと思っていて、個人的には大好きなイベントです。
ロマンチックな過ごし方ももちろん素敵なんですが、
ひととおり経験してきた大人のわたしたち。
おうちでゆっくり気取らず過ごす、そんなクリスマスが今の気分です。
お料理も気張らず、ちょこっとだけ普段よりいいものを。
本日はそんなムードにぴったりな一皿をご紹介します。

お刺身用のまぐろの柵を、贅沢にもパン粉をつけてまぐろカツに。
卵要らずのバッター液で衣を作るので、手順もかんたんです。
濃厚なブルーチーズのソースを併せていただきます。
苦手な方は、他のナチュラルチーズでどうぞ。ゴーダチーズなどがお勧めです。
ソースはポテトフライやステーキにも合うので応用してみてください。
ゆるっとざっくり、かんたんレシピはこちらから。

6A5781AD-E465-4745-8525-08356E0C42B4.jpeg

*ゆるレシピ・だいたい二人分*
材料:まぐろ(お刺身用のもの、ブロックで)200g
米粉大さじ1と1/2、水大さじ1と1/2、マヨネーズ大さじ1
パン粉適量(まぐろの大きさに合わせて用意)
バター7g、ブルーチーズ(ゴルゴンゾーラでもロックフォールでも)20g、
白ワイン20ml、塩、ブラックペッパー、揚げ油(お好みのものを)
下処理:バッター液を作る。ボウルに米粉、水、マヨネーズを合わせ、
トロッとした液状になるまで混ぜる。米粉は小麦粉でも可。

1.まぐろに塩、ブラックペッパーを薄くすりこみ、バッター液にくぐらせ
パン粉をまんべんなく付ける。

2.深さのあるフライパンに油を1、2cmほど引き中強火で熱する。
目安は油にさいばしを入れてみて、ジュワッと泡が出るぐらいまで。
油が温まったら衣を付けたまぐろを静かに入れ、一面ずつ返しながら揚げ焼きにする。
*接地面がカリッとするまで動かさないのが揚げ焼きのコツです。
きつね色になったら引き上げて、網の上で休ませる。

3.別のフライパンに弱火でバターを熱し、溶け始めたらブルーチーズを加える。
スプーンで手早く混ぜながらチーズを溶かし、完全に溶けきったら火を強め
白ワインを加えてよく混ぜ、ふたたびとろみがついたら火を止める。
まぐろカツをカットし、チーズソースと共に盛り付けて出来上がり。
レッドペッパーやハーブ等で彩りを添えるとキレイです。

ポイント:バッター液は時短手順という事で、数年前からネットで話題になっている揚げ衣です。
揚げ物が苦手だったわたしですが、これで失敗なく出来るようになりました。
色々試してこの配合にたどり着きましたが、卵を入れるレシピもあるので
ぜひお気に入りを見つけてみてください。
卵入りだとさっくり厚め、今回のレシピだとカリカリした薄い衣になります。
まぐろはお刺身用なので、完全に火が通らなくても大丈夫です。
高温でサッと、レア気味に揚げて、ジューシーな仕上がりを目指しましょう。

821B3FC7-A2A7-4EAD-BA9D-7DC04B832611.jpeg

A22EDBB9-38C8-4EEB-8D1F-720C1CA2B14C.jpeg

【本日のうつわ*リムプレートL 白唐草線彫・7寸皿 緑釉唐草線彫】
*オンラインショップはこちらから
http://shop.ikutouen.com/?pid=130691083
http://shop.ikutouen.com/?pid=129089794
パーティーシーズンにぴったりのリムプレートと7寸。
7寸はクリスマスカラーの緑がオススメ!和洋中、何にでも合う色味です。

みなさんに素敵なクリスマスシーズンが訪れますよう、心から願っています*
それではまたみなさん、次回の更新まで。ごちそうさまでした。

(田中)